メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

ダイヤモンドの鑑定書 | ダイヤモンドの買取・販売|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンドの鑑定書

鑑定書・ソーティングの確認

一般的に、ダイヤモンドの売買の際には、品質を表す4C が記載された鑑定書(グレーディング・レポート)やソーティング・メモ(簡易鑑定書)が添付されます。鑑定書に記載された4C や蛍光性、サイズ(直径など)は価値判断の基準となります。鑑定書が無くても価格査定は可能ですが、より正確な価格決定のために鑑定機関に再鑑定の依頼をすることもできます。

鑑定書・ソーティングの確認のポイントは、

  • それらの書類が本物であるかどうか、真贋を確認すること
  • 記載内容と現物がすべて一致しているか確認すること
  • いつ発行されたものか確認すること
  • どの鑑定機関が発行したものか確認すること

発行時期に関しては、旧鑑定では、カラー・クラリティ・カットのグレードに相違があるものが多く、特にカラーグレードが甘い傾向にあるため注意して下さい。また、鑑定機関については、GIA、中央宝石研究所、AGT が発行しているか確認して下さい。他の機関が発行したものは、基本的に再ソーティング後の評価として下さい。

鑑定書

対象は、ダイヤモンドのみ。基本的に、石の形状、テーブル/パビリオン部の比率やキューレットサイズなどのカットグレードの詳細情報とともに品質をカラット・カラー・クラリティ・カットの4C で分析表示しています。

ソーティング

鑑定機関が発行する簡易鑑定書で、小袋にダイヤモンドのグレードが表記されています。信頼性は高く、 主に業者間での取引で使用されています。

鑑定機関

日本国内には、数百社ほどの鑑定機関があるとされていますが、いずれも公的な機関ではなく、民間の会社です。民間会社であるがゆえ、それぞれの信頼度はまちまちで、すべての鑑定書を同じ水準で評価できない状況です。宝飾業界では、信頼度を高めるために宝石鑑別団体協議会(AGL=Association of Gemological Labolatories Japan)という組織を設立して活動を展開しています。AGL に加盟している鑑定機関が発行している鑑定書やソーティングは、基本的に信用できると判断してよいと考えられます。
昨今、ダイヤモンドは、さまざまで巧妙な人的処理が施されるようになり、高度な検査・分析装置を持っている機関でないと正確な判定ができないという問題が生じています。そこで、ネットジャパンでは下記3機関の鑑定書・ソーティングを正確なものとして認めるようにしています。

GIA(Gemological Institute of America)

アメリカの宝石学教育・鑑定団体。世界で初めて4C によるダイヤモンドの国際品質基準をつくるなど、世界で最も信頼されている鑑定機関です。

AGT ジェムラボラトリー

アメリカのGIA の流れを汲む、鑑定機関。ほとんどの一流百貨店で鑑定書が使用されています。宝石鑑別団体協議会正会員。

中央宝石研究所(CGL=CENTRAL GEM LABOLATORY)

日本国内で最大規模のシェアを持つ鑑定機関。発行する鑑定書は、全国の多くの小売店で使用されています。宝石鑑別団体協議会正会員。

買取方法

店頭買取

直接お品物を店頭にご持参頂ければ、その場でお買取り価格をご提示致します。提示額にご納得頂けましたら、現金にてお支払い致します。

宅配買取

宝飾品・ダイヤモンド・貴金属地金製品・ブランド時計等、お買取り対象の取扱商品すべて、宅配・郵送でもお取扱い致しております。

よくあるご質問

お問い合わせ・ご相談窓口

ダイヤ部直通 担当:佐々木、合津(ごうつ)

03-3832-6522

受付時間 平日 9:00~18:00/土曜 9:00~15:00

ダイヤ・メレーダイヤ・色石・製品に関するよくあるご質問をまとめました。不明な点がございましたら、こちらのページより、過去に類似するご質問がないかお調べ下さい。記載がない場合は、大変お手数ですがお問い合わせ下さい。

ダイヤ・メレーダイヤ・色石・製品に関するよくあるご質問

ページトップ