メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

市場は季節的に静か、香港での宝飾品小売改善 | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

市場は季節的に静か、香港での宝飾品小売改善2018/05/01

◆ダイヤモンド市場は季節的に静か。

研磨石の価格は安全しているものの、利益率は4月の原石価格引上げ後圧迫されている。

研磨石の取引は、原石の研磨よりも収益性が高い。

米国の宝飾品部門は、第1四半期に343社が事業を中止しており縮小。

◆インド: Bharat Diamond Week開幕後も取引はスロー。

外国のバイヤーがイベントに参加したが、現地のディーラーからの反応は弱い。

多くの業者は夏休み期間中、休暇を取る予定。

0.30-0.50ctのGIA dossier、1-1.50 ct., G-J, VS-SI需要が堅調。

業界の代表は資金繰りの懸念が残っているため、銀行との会合を計画。

◆香港:市場は夏の閑散期が始まり鈍化。

部分的な品薄感と一部の需要に支えられ価格は安定している。

1ct、G-H、VS-SI、RapSpec A2+ (3EX、蛍光無し) の受注が堅調。

0.30-0.40ct、G-H、VS-SIの販売が良好。

中国での金の販売と観光客の購買増加が、宝飾品の小売を牽引。

六福珠寶の第4四半期の同店舗売上が16%増加。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) は小康状態。

ベストプライスは0.3ct、0.5ct、1.5ct、3.0ctがやや上昇、0.7ct、1.0ct、2.0ctがわずかに下落。

平均価格は0.3ctが-0.4%、3.0ctが-0.9%と下落、他はわずかに上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ