メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

インド企業倒産の噂に不安募る | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

インド企業倒産の噂に不安募る2018/05/15

◆ディーラーはラスベガスショーの準備を進めている。

取引鈍化に伴い、研磨石の在庫量が増加。

研磨石の価格は堅調だが、バイヤーは支払条件の緩和やより多くの商品委託を求めている。

中国の第1四半期の金、銀、宝飾品の売上が117憶ドルとなり8%増加、消費者マインドが改善している。

◆インド:様々な倒産の噂が流れ、不安が募っている。

ムンバイの外国人バイヤーは少数。

全てのカテゴリーでGIA dossier需要が堅調。

一部、0.50ct Iクラスへの関心が高まっている。

スターとメレ需要が鈍化。

原石取引は良好だが、研磨工場の生産量は減少。

◆香港:ディーラー市場は静か。

中国ではより低いカラーグレードの商品に移行している。

一部のバイヤーは良質なSIが品薄のためVSにシフトしている。

1ct、G-H、VS-SIの需要高まる。

小売は改善しているものの、地元の宝飾業者は、低価格帯の商品を扱う通販業者との競争に晒されており、差別化を図るためオーダーメイドの製品に転換している。

ファンシーカラーとファンシーシェイプは、ラウンドの無色のダイヤモンドより利益率が高い。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ポインターの平均価格上昇。

ベストプライスは0.3ct、1.5ctがわずかに下落、他はわずかに上昇。

平均価格は0.3ctが+5.5%、0.5ctが+3.5%、0.7ctが+2.0%とポインターが上昇、1.0と1.5ctが+0.6%、3.0ctが+0.5%とわずかに上昇、2.0ctのみ-0.2%と下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ