メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

第3四半期の需要予測に向け、研磨業者は増産体制を維持 | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

第3四半期の需要予測に向け、研磨業者は増産体制を維持2018/07/03

◆高い原石価格が研磨業者の利益率を圧迫しているため、サプライヤーは研磨石価格を維持している。

6月のDe Beersサイトは予想を上回り売上5.75億ドル、原石は3~6%のプレミアムが付いており原石市場は堅調。

バイヤーは3EXの価格上昇に伴いVGに移行している。

◆インド:香港ショー以降、米国と中国の需要に支えられ研磨石市場は安定している。

3ct及びより大きなダイヤモンドが品薄状態。

1ct、J-L、SIに安定した需要が見られる。

H-L、VS-SIのGIA Dossier付商品の動きが良い。

0.3-1ctの研磨石を対象とした原石の取引が堅調。

予想される第3四半期の需要を満たすため、研磨業者は増産体制を維持している。

◆香港:香港ショーが低調にもかかわらず、市場心理は改善。

ディーラーは9月のフェアに期待している。

0.30-1ct、H-K、VS-SIダイヤモンド需要が堅調に推移。

宝飾品の小売は引続き好調。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、平均価格上昇。

ベストプライスは0.3ctが-0.8%、0.5ctが-0.3%と下落、他はわずかに上昇。

平均価格は1.0ctが3.0%、3.0ctが3.2%となり、他もすべて上昇。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ