メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

米国では小売店舗を削減、オムニチャンネルを加速 | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

米国では小売店舗を削減、オムニチャンネルを加速2018/07/31

◆閑散期のため価格はわずかに下落傾向。

サプライヤーは貿易摩擦が進む中、米国と中国のジュエリー販売が良好なため下半期も楽観的。

米国の宝飾業者は、上半期に昨年の445に対し477の小売店を閉鎖、カスタマイズとオムニチャンネルにより販売効率を高めている。

銀行がNirav Modiの20億ドルの詐欺を理由に貸し出しを10%削減、弱いルピーと信用度の低下によりインドのカッターは警戒を強めている。

◆インド:ムンバイの外国人バイヤーは少数。

インドルピー下落により、現地でのダイヤモンドの販売価格が上昇したため国内需要が鈍化。

1ct、G-J、SI-I2、RapSpec A3ダイヤモンドの需要が堅調。

高い原石価格は研磨業者の利益率を圧迫しており、工場は生産量を抑えて稼働している。

◆香港:夏の閑散期の最中、9月の香港ショーまで市場は静かとの予想。

人民元下落により中国人観光客は買物に慎重。

GIA Dossier付商品は1ct upの商品より売上良好。

0.30-0.40ct、G-J、VS-SIの需要が堅調に推移する中、1.50-2ctは弱含み。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、0.3ct上昇、他は全体的に下落傾向。

ベストプライスは0.3ctの2.1%、3.0ctの-1.2%を除き微増微減。

平均価格は0.3ctが2.4%と上昇、1.0ctが横ばい、他はわずかに下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ