メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

世界のコイン(金貨)|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計・金工芸品の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

世界のコイン(金貨)

代表的な金貨一覧

  • 純金(K24)金貨
  • K22金貨
  • K21.6金貨
  • K14/K12 金貨
  • 世界のコイン(データベース)

国内金価格は1980年にピークをつけたあと、2000年までジリジリ値を下げました。ここ数年の金相場の上昇で、退蔵用の金貨が再び注目されてきています。

大手地金商などが毎日の金相場に連動して販売する外国金貨を地金型金貨と呼んでいます。主に民間の業者が製造する金塊に比べて、金貨は政府が公式に発行するもので、小口の金投資として定着してきています。金相場が2000年前後の安値時に比べて3倍程度に上昇したことで、ここ2~3年は外国金貨の売却も目立つようになりました。従来は地金型金貨以外は素材価値に対してプレミアムがその希少性によって加味されていましたが、金相場がひところのグラム1000円台から大きく上昇したため、特殊なレア金貨を除くと金の素材価値で取引される金貨が多くなってきています。特に手持ちの外国金貨を換金したいという場合は、スクラップ扱いとなるケースがほとんどです。
金を売却する場合にはその品位によってグラム単価が異なります。外国金貨には純金のものから、22金のもの、金が90%(21.6金)のもの、14金や、12金などさまざまな品位のものが存在します。業者様が外国金貨を取引する場合、金貨の純度に関するトラブルも散見されています。

ここでは、わが国で退蔵されている代表的な外国金貨をご紹介しました。品位別にまとめながら簡単な解説を加えましたので、参考にして下さい。

関連コンテンツ

世界のコインのデータベースを作成致しました。金貨を発行している地域別の主要国をクリックすると、その国の金貨・プラチナ貨・銀貨・パラジウム貨のコイン一覧表をご覧頂けます。

世界のコイン品位が調べられる一覧表

よくあるご質問

お問い合わせ・ご相談窓口

地金部直通

03-3832-6517

受付時間 平日 9:00~18:00/土曜 9:00~15:00

貴金属地金の買取・販売に関するよくあるご質問をまとめました。不明な点がございましたら、こちらのページより、過去に類似するご質問がないかお調べ下さい。記載がない場合は、大変お手数ですがお問い合わせ下さい。

貴金属地金の買取・販売に関するよくあるご質問

ページトップ