メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

香港ショーを前に取引は限定的、研磨業者は減産体制 | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計・金工芸品の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

香港ショーを前に取引は限定的、研磨業者は減産体制2017/09/12

◆インド:金融危機に陥っているダイヤモンド企業が報告されており、市場は慎重。
研磨業者は、研磨石の過剰供給と需要減少に対応し生産能力以下に減産している。
ディーラーは、香港ショーの準備に集中しており取引は限定的。
インド商品取引所(ICEX)が、1ct、H、VS2のダイヤモンド先物取引を開始。

◆香港:香港ショーを前にディーラー間取引はスロー。
夏も終盤を迎え、取引は静か。
宝飾業者は祝日を前に香港ショーで在庫量を増やそうとしているが、割引を求めている。
香港の7月の宝飾品や高額ギフトの売上が7.91億ドルと13%増加、1月から7月の売上が53億ドルと2.5%増加しており、ディーラーは小売の回復について楽観的。
マカオの時計、宝飾品の半期小売売上高が2%増加。

◆9月6日付のRapNet Diamond Index(前月比、D-H,IF-VS2)はポインター中心にベストプライス・平均価格ともに下げる展開。
ベストプライスは3.0ctの+3.2%を除きすべて下落、特に0.5ctが-2.4%と下落率が高い。他は、0.7ctが-1.1%、1.5tが-0.9%、0.3ctが-0.5%、2.0ctが-0.4%、1.0ctが-0.2%。
平均価格は0.5ctの-1.9%、0.3ctの-1.4%、0.7ctの-0.7%、3.0ctと1.0ctが-0.1%、1.5ctが+0.1%、2.0ctが+0.4%と弱含み。

◆De Beersの8月売上高が減少。
8月のDe Beersのダイヤ原石の売上高は7月の5.76億ドルから5.05億ドルとなり12%減少、前年比では21%減少した。
インドのディワリ祭の日程が昨年の10月30日から今年は10月19日へと早まり、インドのバイヤーが7月のサイトで既に手当て済みのためと見られている。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ