メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

インド・ルピー最安値更新、インド需要低迷 | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

代 表 03-3832-6511

地 金 03-3832-6517

宝飾品 03-3832-5221

ダイヤ 03-3832-6522

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

インド・ルピー最安値更新、インド需要低迷2018/09/04

◆周生生の上半期売上高が12憶ドルとなり19%増加、利益は7,700ドルで54%増加したものの、中国の貿易戦争により将来の収益減少に警戒している。
カッターは通貨下落によるインド及び中国需要の低迷により、メレの研磨を控えている。
ホリデーシーズンに備え、GIA dossier対象の1ct未満が得られる原石需要が堅調。

◆インド:市場は安定しているが、インド・ルピーはINR 70.75 / $ 1と最安値を更新、ディーラーは通貨切り下げや銀行融資削減を懸念している。
低品質SIが多い中、良質なSI需要が高い。
サプライヤーは鑑定書付研磨石の価格を保持している。
研磨業者は11月のDiwali休暇まで市場が堅調に推移すると予想している。

◆香港:ディーラーは香港ショーの準備を進めている。
8月の市場心理は、貿易摩擦や人民元の下落によりやや悪化。
宝飾業者は、好調な上半期に対し下半期は慎重な見方。
GIA Dossier付商品販売が良好。
1ct、D-H、VS1-SI需要が改善。
9月の香港ショーを前に、ファンシーカラーダイヤモンドへの関心が高まっている。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)、平均価格がすべて下落。
ベストプライスは3.0ctが3.2%上昇、0.7ctが変化無し、他はすべて下落。
平均価格は0.3ctが-6.2%と大幅下落、0.5ctが-3.3%、他もすべて下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ