メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

RapNet Diamond Index改善、厳しい環境からの脱却を示唆 | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

RapNet Diamond Index改善、厳しい環境からの脱却を示唆2018/01/09

◆2018年のダイヤモンド市場は楽観的。
研磨業者の研磨量が生産能力を下回り、需要のある商品の品薄感により研磨石の価格が支えられている。
2017年の1 ct. RAPIが-5.3%と下落する中、12月は+0.3%と上昇、昨年の厳しい環境からの脱却を示唆。
今月後半のAlrosaとDe Beersによる原石販売時、原石需要が高まることが予想される。
最近の株式市場の上昇により、高級志向の消費者マインドが高まっており中国旧正月(2月16日)は好調の見通し。
Titan CompanyはDiwaliでのジュエリー・セールスの2桁成長を報告している。

◆インド:中国の旧正月需要に支えられ市場は安定している。
休暇期間中、米国とヨーロッパは静か。
ムンバイ滞在のアントワープのディーラーが商品を探している。
ディーラーは、インドや米国、中国の消費者の買い意欲に注目している。
流通市場での原石価格が堅調に推移する中、原石の取引は静か。
研磨量は安定しており、新たな研磨石は少しずつ市場に出てくる。

◆香港:研磨石の取引は鈍化しているが、市場心理は肯定的。
ディーラーは、香港と中国での小売販売の成長復活に伴い、中国旧正月に向け楽観的。
0.30-0.60 ct、H-L、VS1-SI2に安定した需要がある。
1 ct、F-J、VS-SI、RapSpec A2+ の需要が堅調。
バイヤーの予算が厳しさを増す中、仕入れは低品質商品へと移行している。
香港での11月の宝飾品や腕時計、高級品の売上高は8%増の7億8,300万ドルと改善。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2)は、回復の兆し。
ベストプライスは、3.0ctが-1.7%、0.7ctが-0.3%と下落したものの、0.3ctが1.7%と上昇し他も微増。
平均価格は、ほぼすべてが上昇、2.0ctのみ横ばい。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ