メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

5月の取引低迷、値下げ圧力高まる | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

5月の取引低迷、値下げ圧力高まる2018/05/22

◆ディーラーは、5月の取引が低迷しているにもかかわらず、ラスベガスショーを前に楽観的。

2018年の見通しは、2017年より明るい。

De BeersとAlrosaサイトでの原石価格は底堅い。

Alrosaの第一四半期の売上高は、15億ドルとなり14%増加、利益は5.33億ドルで40%増加した。

◆インド:研磨石市場は、夏休み中のため静か。

ムンバイの外国人バイヤーは少数。

取引低迷により値下げ圧力高まる。

0.50-1ct、G-J、SIの売上良好。

スター、メレの需要鈍化。

研磨業者は原石市場の安定を背景に、一定の研磨量を維持している。

◆香港:ディーラー市場は閑散期のため鈍化。

6/21-24開催の香港ショーに、市場改善が期待されている。

0.30ct及び1ct、D-H、VS-SIに安定した需要がある。

0.40-0.99ct需要鈍化、バイヤーは大幅値引きを要求。

3ct以上の大粒石の動きが鈍い。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 4/16-5/16、ポインターの平均価格続伸。

ベストプライスは3.0ctの-0.1%を除きすべて上昇。

平均価格は0.3ctが+7.5%、0.5ctが+5.2%、0.7ctが+2.5%と続伸、他1.0ctと1.5ctがわずかに上昇、2.0ctと3.0ctがやや下落。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ