メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

中国、宝飾品の輸入関税引下げ | ダイヤモンド市況概況|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

03-3832-6511

受付時間
平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
お問い合わせ よくあるご質問

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

ダイヤモンド市況概況

中国、宝飾品の輸入関税引下げ2018/06/19

◆ラスベガスショーでのジュエリー販売が好調であったため、米国での研磨石市場は安定している。
中国の小売りも改善し、2018年後半も好調維持出来るとの見方。
0.50ct SIの需要が堅調、0.7ctの動きも良い。
2億8,800万ドルと少額だったAlrosaの5月の原石販売以降、原石取引は安定している。
研磨業者は利益率低下を懸念。
中国は貴石を用いた宝飾品の輸入関税を35%から10%に引下げる。

◆インド:ラスベガスショーの結果を考慮し、ディーラーは今週の香港ショー(6月21日〜24日)の準備を進めている。
中国の深圳Rough Diamond取引所にて、22社がIndia Diamond Weekの交流イベントに参加した。
ムンバイには海外のバイヤーはわずか。
高値で5月の原石仕入れが減少したため、研磨石の生産はやや減少。

◆香港:取引は先週よりも良好。
今週開催される香港ショーの盛況が期待されており、中国の宝飾業者間で景況感が高まっている。
0.30-0.50ct、F-G、VS-SI (3EX、蛍光無し)のダイヤモンドに安定した需要がある。
ファンシーカラーダイヤモンド、特にイエローは多くの宝石商が宝飾品に用いるなど人気を集めている。
小売は引続き改善している。

◆RapNet Diamond Index(D-H、IF-VS2) 、ベストプライス・平均価格共に大きな変化無し。

Rapaport Diamonds.netより、一部抜粋

ページトップ