メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

誤認しがちな刻印 | 金・プラチナ・銀 業界最高水準の買取査定極意|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

代 表
03-3832-6511
地 金
03-3832-6517
宝飾品
03-3832-5221
ダイヤ
03-3832-6522
オークション
03-6240-1089
お問い合わせ よくあるご質問
Twitter

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

金・プラチナ・銀 業界最高水準の買取査定極意

誤認しがちな刻印2017/03/05

ジュエリー・貴金属・金・プラチナ・銀の誤認しがちな刻印
貴金属の品位を確認する際に、注意するべき刻印がいくつかあります。

以下に代表的なケースを簡単にご紹介します。

品位誤認を誘うPt100刻印

Pt100の刻印は、リーズナブルなプラチナとして市場に流通しています。

成分は、プラチナ10%(Pt100)と銀90%(Ag900)(他金属の場合もあります)等です。
通常、日本の宝飾業界では消費者の誤認を避けるために、合金を表示する際には、成分比率が多い主元素を表示する基本原則があります。
Pt100は、銀に比べ市場価格の高いプラチナが少量であるにも関わらずに表示することで、商品のイメージアップを図っているのでしょう。

Pt100の存在自体を知らない場合は、プラチナが100%(100分率)であると誤解してしまうケースもありえます。
金・プラチナ・銀を査定する際の基礎として、Pt100刻印の存在は頭の片隅に入れておいた方が良いでしょう。

P/S刻印

成分は、上記と同様です。プラチナ・シルバーの意味で、プラチナが10%で銀が90%の安価な新素材です。

PWG9刻印

ある宝飾メーカーのオリジナル金属表示でK9(Au37.5%)の意味です。
9金(金37.5%)パラジウム割りのホワイトゴールドという意味のようです。
金 相場 金 買取 金貨 地金相場 ダイヤ 買取 プラチナ 刻印 PWG9

品位が下がることの多い刻印

Pm、PM、アトK等は、古い宝飾品や海外旅行のお土産などとして、貴金属リサイクルに持ち込まれることがあります。
比重計、試金石検査、蛍光X線分析装置で品位検査をしても品位が非常に低いか、まったくの偽物である場合も多くあります。
※Pm刻印のジュエリーを買取る際に、当社で品位検査をしたところプラチナ含有比率95%の高品位であったということもあります。
しかし日々数百キロ単位でプラチナ地金を扱っていても極稀なことです。

ネットジャパンの偽物情報にも数多くの事例を紹介しておりますので、併せてご参照ください。

偽物情報

PM刻印の偽物
P.M刻印の古いリング

アトKの偽物
18K刻印 リング

メッキの刻印

メッキ刻印の詳しい表は次のページでご覧頂けますが、メッキの刻印は、貴金属と間違えてしまったり貴金属なのかと錯覚してしまうケースもあります。
金メッキや金貼りを意味する刻印も数種類あります。

金杯や眼鏡で【K18 3M】【K24 GP】【K18 1/20】等の刻印が入っている場合は、金メッキや金張りという意味です。

K18 3M 金張りメッキ刻印のネックレス

24K GP K18 GP等の金杯

次の項目では、メッキの刻印と種類を一部ご紹介致します。

関連記事

ページトップ