メニュー

株式会社ネットジャパン
ネットジャパングループ

文字サイズ

  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 中文

偽物の傾向と対策 | 金・プラチナ・銀 業界最高水準の買取査定極意|金・プラチナ・銀・パラジウム・ダイヤモンド・宝飾品・ブランド時計の総合商社「ネットジャパン」

株式会社ネットジャパン

代 表
03-3832-6511
地 金
03-3832-6517
宝飾品
03-3832-5221
ダイヤ
03-3832-6522
オークション
03-6240-1089
お問い合わせ よくあるご質問
Twitter

会員登録頂くと市況・価格他
最新情報をメールで配信

ログイン 新規登録

メールが届かない場合はこちら

会員登録のメリット

金・プラチナ・銀 業界最高水準の買取査定極意

偽物の傾向と対策2017/03/06

貴金属は少量でも高価な為、イミテーションがつきものです。
偽物、イミテーションは、それを密かに造る側と、発見する側との戦いです。
金が貴ばれるようになった古来から、既に様々な金や銀の偽物が造られてきました。
一部に偽物が出回ることによって、本物への世間の信頼をも一緒に失墜させてきた歴史は枚挙にいとまがありません。
そのため古代から試金石検査や比重検査などの真贋を確かめる方法が存在しました。
発見する側は、常に最新情報を把握し細かくチェックして、まず貴金属リサイクル業界全体で偽物を出回らせない努力が大切となります。

ネットジャパンでは、最新の偽物情報をホームページとメルマガで配信しております。
偽物情報  メルマガ新規会員登録

付け替え型

太いチェーンネックレスに華奢なPt850の金具がついているのは、どう考えても構造上不自然です。
その場合は、本体はメッキでPt850の金具に付け替えた可能性が考えられます。
買取 プラチナ Pt850 偽物
偽物情報 Pt850刻印スネークチェーンネックレス

メッキ型

品物の表面に貴金属のメッキ(K18やロジウム)をかけて、見た目の色を貴金属と同じにした偽物です。
貴金属と比較して比重値が低いことから、手に持つと明らかに軽い偽物です。
中空で無ければ、比重計や試金石を用いた検査で看破することができます。

※メッキの中でも特殊な物として、表面メッキ厚を5ミクロン以上に付けた物があります。(通常のメッキはフラッシュメッキと言い厚さは1ミクロン以下)
これは厚メッキもしくは金張りと呼ばれて、【K18GP】【K18GF】などの刻印が打たれていることもあります。表面の金メッキが厚いと試金石で擦っても、表面金メッキの条痕が試金石に乗り、この状態で薬品検査に移っても貴金属の反応が出てしまうので注意してください。

封入型

内部に貴金属以外の詰め物をした偽物で、インゴットや太目のネックレス、置物などに多く見受けられます。
表面がある程度の厚みを持つ本物の貴金属なので、非破壊検査では判断が難しくなります。
写真は、実際にあった1Kgインゴットの偽物です。純金の外装の中に金と比重値の近いタングステンを封入してあります。
非破壊検査のみの制限であれば、試金石検査、比重値検査、蛍光X線分析装置の検査はパスする作りになっています。
見分けるポイントは、つなぎ目やシリアルナンバー他刻印、表面の波打ち方等があります。
またこういった封入型の偽物の特徴として、内部に何かを封入しなければならないので必然的にデザインはボリューム感があり、どちらかというとゴツイ印象の物が多いことが挙げられます。

タングステン 封入型 金地金 偽物
偽物情報 1Kgインゴットバー(タングステン)

通常一般の個人や法人が出来る各種の検査方法では、最終的に100%確実な結果を得ることはできません。
まず本物をよく見て、実際に手で触れて触感や温度、重さなどの細部まで知ることが重要になります。
偽物に出会った時に違いに気付ける観察眼を養います。

関連記事

ページトップ